佐藤洋介の補助脳

補助脳の方が優秀かもしれない

windows版 Laravelの開発環境構築(xampp、composer使用)

忘れる前にメモ。環境構築は間を置いてまた構築する際によく忘れてる。

 

目次

1.xamppインストール

2.composerインストール

3.Laravelインストール

4.Atomインストール

 

 

1.xamppインストール

以下のサイトからexeをダウンロードしてインストールする

 

2.composerインストール

以下のサイトからexeをダウンロードしてインストールする


コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する。

composer --version

 

インストールが完了していると以下の返答がある。

Composer version 1.4.2 2017-01-01 00:00:00

 

3.Laravelインストール

Laravelプロジェクトを作成する場所に移動する。(例はxampp/htcos配下)

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する。

cd [任意]\xamp\htdocs

 

Laravelをインストールする

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する。

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist プロジェクト名

 

作成したプロジェクトを確認する

xampp-controlからApacheをスタートする。

http://localhost/プロジェクト名/public」をブラウザで開く。

Laravelが表示されていればOKです。

 

4.Atomインストール

ここは必須ではありません。エディタやIDEはお好みで。

以下のサイトからexeをインストールする。

 

PHP開発に便利なパッケージを導入する。

以下のサイトを参考にしました。

とても参考になりました。情報ありがとうございます。

 

phpmd、phpcsで以下のようなエラーが出た場合

[Linter] Error running PHPMD

[Linter] Error running PHPCS

 

composerを使用してphpmdとphpcsをインストールする。

composer global require phpmd/phpmd=*

composer global require squizlabs/php_codesniffer=*

 

インストール確認は以下のコマンド

phpmd --version

phpcs --version

 

特に環境変数を設定しなくても上記コマンドは通りました。

macの場合は.bash_profileに以下を追加する必要がある場合もあります。

PATH = $HOME/.composer/vendor/bin:$PATH

 

以下のサイトが参考になりました。

情報ありがとうございます。