読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐藤洋介の補助脳

補助脳の方が優秀かもしれない

kindle unlimitedの解約方法について

kindle unlimitedは何も設定していないと申し込んでから1ヶ月経つと自動的に有料になる。

申し込み直後は、どんな本があるのだろう、この本面白い、とスッカリこのことを忘れてしまう。

 

kindle unlimited開始直後数日は利用していたけれども、好みの本をあらかた見渡してしまったのでここ数日触っていなかったのだけど、kindle unlimitedに公開されている本のラインナップがガラリと変わって酷いみたいな記事を見つけたことで思いだす。

 

そこで、また忘れないうちにkindle unlimitedの解約方法を調べておくことにしたら、無料期間終了と同時に自動的に解約することができた。

 

申し込み後、何も設定しなければサービス無料期間終了と同時に使えなくなる。というのが普通な気がするのだけれども、最近のサービスは無料期間終了と同時に有料サービスになり、気がつくと請求がきている系が多いね。

 

大手がそういうことするのってなんだかあざとい気がして良い感じがしないんだけれども、まあ商売だしねえ。

 

とりあえず前置きがながくなったので、解約方法について。

 

1. Amazonトップページのページ下部、フッター部分にある、「ヘルプ&ガイド」のカテゴリーにある「コンテンツと端末の管理」を選択する。

 

2. 「コンテンツ」、「端末」、「設定」とタブがあるので「設定」タブを選択する。

 

3. 「Kindle Unlimitedの設定」から「登録を管理」ボタンを選択する。

 

4. 「Kindle Unlimitedの会員登録をキャンセル」ボタンを選択する。

 

5. メンバーシップを何月何日終了のボタンを選択する。

 

以上で無料期間ぎりぎりまで使えて、自動的に解約される設定になります。