佐藤洋介の補助脳

補助脳の方が優秀かもしれない

windows版 Laravelの開発環境構築(xampp、composer使用)

忘れる前にメモ。環境構築は間を置いてまた構築する際によく忘れてる。

 

目次

1.xamppインストール

2.composerインストール

3.Laravelインストール

4.Atomインストール

 

 

1.xamppインストール

以下のサイトからexeをダウンロードしてインストールする

 

2.composerインストール

以下のサイトからexeをダウンロードしてインストールする


コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する。

composer --version

 

インストールが完了していると以下の返答がある。

Composer version 1.4.2 2017-01-01 00:00:00

 

3.Laravelインストール

Laravelプロジェクトを作成する場所に移動する。(例はxampp/htcos配下)

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する。

cd [任意]\xamp\htdocs

 

Laravelをインストールする

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する。

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist プロジェクト名

 

作成したプロジェクトを確認する

xampp-controlからApacheをスタートする。

http://localhost/プロジェクト名/public」をブラウザで開く。

Laravelが表示されていればOKです。

 

4.Atomインストール

ここは必須ではありません。エディタやIDEはお好みで。

以下のサイトからexeをインストールする。

 

PHP開発に便利なパッケージを導入する。

以下のサイトを参考にしました。

とても参考になりました。情報ありがとうございます。

 

phpmd、phpcsで以下のようなエラーが出た場合

[Linter] Error running PHPMD

[Linter] Error running PHPCS

 

composerを使用してphpmdとphpcsをインストールする。

composer global require phpmd/phpmd=*

composer global require squizlabs/php_codesniffer=*

 

インストール確認は以下のコマンド

phpmd --version

phpcs --version

 

以下のサイトが参考になりました。

情報ありがとうございます。

 

kindle unlimitedの解約方法について

kindle unlimitedは何も設定していないと申し込んでから1ヶ月経つと自動的に有料になる。

申し込み直後は、どんな本があるのだろう、この本面白い、とスッカリこのことを忘れてしまう。

 

kindle unlimited開始直後数日は利用していたけれども、好みの本をあらかた見渡してしまったのでここ数日触っていなかったのだけど、kindle unlimitedに公開されている本のラインナップがガラリと変わって酷いみたいな記事を見つけたことで思いだす。

 

そこで、また忘れないうちにkindle unlimitedの解約方法を調べておくことにしたら、無料期間終了と同時に自動的に解約することができた。

 

申し込み後、何も設定しなければサービス無料期間終了と同時に使えなくなる。というのが普通な気がするのだけれども、最近のサービスは無料期間終了と同時に有料サービスになり、気がつくと請求がきている系が多いね。

 

大手がそういうことするのってなんだかあざとい気がして良い感じがしないんだけれども、まあ商売だしねえ。

 

とりあえず前置きがながくなったので、解約方法について。

 

1. Amazonトップページのページ下部、フッター部分にある、「ヘルプ&ガイド」のカテゴリーにある「コンテンツと端末の管理」を選択する。

 

2. 「コンテンツ」、「端末」、「設定」とタブがあるので「設定」タブを選択する。

 

3. 「Kindle Unlimitedの設定」から「登録を管理」ボタンを選択する。

 

4. 「Kindle Unlimitedの会員登録をキャンセル」ボタンを選択する。

 

5. メンバーシップを何月何日終了のボタンを選択する。

 

以上で無料期間ぎりぎりまで使えて、自動的に解約される設定になります。

Mac OS X El CapitanにMAMPとCakePHP3.2をインストールしてデータベースに接続するまでを行う

 1. 環境

 

続きを読む

Mac OS X El CapitanにAtomエディタをインストールして日本語化する

1.Atomをインストールする

Atomを公式サイトのAtom for Macリンクからダウンロードする。

atom.io

 

atom-mac.zipファイルを解凍してApplicationsディレクトリに配置する。

 

続きを読む

Mac OS X El CapitanにPHPパッケージ管理Composer 1.2.0をインストールする

Mac OS X El Capitan 10.11.6

Composer 1.2.0

 

1.Composerをダウンロードする

Finderの移動からアプリケーションを選択し、ターミナルを起動する。

とりあえずホームディレクトリにダウンロードする。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

 

2.Composerを移動しつつリネームする

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

 

3.Composerにパスを通す

ホームディレクトリの.bash_profileファイルに追記する。

PATH=/usr/local/bin

 

ターミナルからcomposer -Vでバージョンが表示さることを確認する。

composer -V

Composer version 1.2.0 2016-07-19 01:28:52

 

 

CakePHPの3.xをインストールしようとしたらComposerなるものでインストールせよとあったのでいれてみました。

以下のサイトを参考にしました。

blog.cheekpouch.com

Mac OS X El CapitanにMySQL 5.7.14をインストールする

OS X El Captitan バージョン10.11.6

MySQL 5.7.14

 

1.MySQLをダウンロードする

https://dev.mysql.com/downloads/mysql/

公式サイトのMySQL Community Server 5.7.14のリストから一番下にある「Mac OS X 10.11 (x86, 64-bit), DMG Archive」を選択する。

 

2.MySQLをインストールする

システム環境設定にMySQLのアイコンが追加される。

ここから起動停止を選択できるが、今回はターミナルで行う。

 

3.MySQLを起動する

/usr/local/mysql/support-files/mysql.server start

 

4.MySQLにログインする

/usr/local/mysql/bin/mysql -u root

 

エラーが表示される。

ERROR 1045 (28000): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO)

MySQL 5.7は初期パスワード無し設定ではなくなったもよう。

 

MySQLを停止する。

/usr/local/mysql/support-files/mysql.server stop

 

MySQLをセーフモードで起動する。

/usr/local/mysql/support-files/mysqld_safe --skip-grant-tables &

 

MySQLにログインする。

/usr/local/mysql/bin/mysql -u root

 

rootのパスワードを変更する。

use mysql;

update user set password = password('root') where user = 'root';

エラーが表示される!

エラーメッセージみるとカラムがないみたいな・・・。

userテーブルみてみたらpasswordなんてなかった。

authentication_stringになったのを今頃知ることとなる。

 

rootのパスワードを変更する。

update user set authentication_string = password('root') where user = 'root';

 

セーフモードを停止して通常モードでMySQLを起動する。

 

MySQLにログインする。

コマンドを実行するとエラーメッセージが表示される。

ERROR 1820 (HY000): You must reset your password using ALTER USER statement before executing this statement.

 

まだ初期パスワード扱いのもよう。

新しいパスワードを設定する。

alter user root@localhost identified by 'root';

 

MySQLのバージョンを確認する。

select version();

+-----------+

| version() |

+-----------+

| 5.7.14    |

+-----------+

以上でMySQLを使えるようになりました。

ちなみに、パスワード変更時に検索した結果にvalidate_password_policyにパスワードがひっかかる問題がたくさんでてきましたが今回の私のmysqlには発生しませんでした。

show plugins;でプラグインをみてみましたが、validate_passwordが入ってない。バージョンによるんでしょうか。

 

5.MySQLのパスを環境変数に登録する

.bash_profileに以下を入力する。

PATH=$PATH:/usr/local/mysql/bin:/usr/local/mysql/support-files

export PATH

 

mysql.server start

mysql.server stop

mysql -u root -p

と短くコマンドを打てるようになりました。

 

以下のサイト様を参考にしました。大変助かりました、ありがとうございます。

news.mynavi.jp

webkaru.net

http://music431permemo.blogspot.jp/2016/01/mysql.html

qiita.com

https://yoku0825.blogspot.jp/2015/03/mysql-576mysqluser.html

qiita.com

qiita.com

ex02xx.hatenablog.com

qiita.com

hisasann.com

 

 

 

 

Mac OS X El CapitanのApache起動終了とhttp.conf、DocumentRootの場所

Apache開始

sudo apachectl start

Apache終了
sudo apachectl stop

Apache再起動
sudo apachectl restart

Apacheプロセス確認
ps aux | grep httpd

 

httpd.confの場所
/etc/apache2/httpd.conf

DocumentRootの場所
/Library/WebServer/Documents/